黒ずみ 原因 メラニン

黒ずみの原因メラニンとターンオーバー

黒ずみの原因メラニンとターンオーバ改善法

脇の黒ずみの原因は、肌のメラニン色素の働きによるものです。
例えば、有害な紫外線が皮膚の奥まで入り込んでしまうと、水ぶくれや炎症などの症状を引き起こします。

 

皮膚がんの原因になる場合もあります。そういった症状から肌を守るため、表皮基底層にあるメラノサイトが働きます。

 

その際発生する活性酵素が皮膚細胞に悪影響を及ぼさないためにメラニン色素となるのです。
そのメラニン色素は黒ずみとなって皮膚の表面に現れる仕組みとなっています。

 

メラニン色素が作り出される原因は、紫外線の他にも物理的な刺激もあります。
毛抜きで毛を抜いたりするとブツブツとした黒ずみができたり、剃毛による肌へのダメージが影響してくすんだ黒ずみができることもあります。

 

また、汚れが詰まって肌の新陳代謝のリズムが崩れによってもできる場合もあります。
肌はターンオーバーにより、古い細胞組織を排除し、新しい皮膚に生まれ変わります。

 

そのため、このターンオーバーの働きによって、日ごとに脇の黒ずみが薄くなっていきます。
ですが、黒ずみを作っている原因を根本的に改善していかなければ、いくらターンオーバーの働きがあってもずっと黒ずんだままとなってしまいます。

 

そのため、原因をしっかりと見極め、原因を排除していく必要があります。
例えば、剃毛が原因であるならば、ボディークリームや剃毛クリームを使用し、できるだけ皮膚への摩擦を減らし、刺激を少なくするようにします。
また、光脱毛など肌への負担が少ない脱毛法へ変えるのもオススメです。

 

汚れの詰まりによる黒ずみの場合には、スクラブ入りの洗浄剤でやさしく洗って、古い角質を落とし、新しい皮膚が出やすい状態にする方法があります。

 

この時、強く擦るとスクラブの刺激によって逆に黒ずみの原因になりますので、やさしく使用することが大切です。さらに、ターンオーバーを活発にさせるよう促すのも効果的です。

 

できるだけストレスを溜めないようにし、十分な睡眠とバランスのいい食生活など、規則正しい生活を送ることで新陳代謝を促し、ターンオーバーを活発にさせることができます。

 

また、乾燥もターンオーバーに影響するので、肌をしっかりと保湿することも大切です。
更に詳しく知るには、脇の黒ずみの原因と対策についての記事を参考に。

 

 


ホーム RSS購読 サイトマップ